自動車保険 特典

自動車保険の特典をゲットしてお得に自動車保険を乗り換えるには

自動車保険を最安値で契約するには自動車保険の一括見積りがおすすめ!

 

でも、さらに特典まで付いていれば最高ですよね!

 

自動車保険の切り替えをお考えであれば、なるべく安い自動車保険への切り替えがいいですよね。
自動車保険の一括見積りでは無料で見積をしてもらえる上に、見積もるだけで特典があるのです。

自動車保険 マックカード

 

その特典は、マックカードや図書券、Amazonのギフトカードなどが見積りするだけでプレゼントしてくれます。

 

でも、契約しないと特典はもらないんじゃないの?

 

いやいや、一括見積りサイトは、契約せずとも、見積もりをするだけで特典がもらえるんですよ!

 

無料見積りをすれば、一番保険料が安い会社も見つけられるし、特典ももらうことができます。

 

自動車保険の特典をゲットするには、自動車保険一括見積りサイトを賢く利用すること!

 

この自動車保険一括見積りサイトは、一度の情報入力で、一括で自動保険会社から見積りをもらうことができます。

 

自動車保険会社を切り替えることで、毎年の保険料を安くすることができますから、自動車保険の見直しは必ずやっておいた方がいいでしょう。
そこで便利なのが自動車保険の一括見積りサイトです。
一括見積りサイトのメリットは、自分が提携している保険とどのくらい変わるか比較できるので分かりやすいのが特徴。
自動車保険の一括見積りサイトは、1回の手間で複数の保険会社に一度に一括で見積りができるのが良いところ。
さらに保険料の比較がしやすいのでどこが一番安いのか、サービスがいいのかが分かりやすく便利です。
現在の保険の満期日(契約終了時)前には必ずやっておかないといけませんので、早めに調べておきましょう。
(こちらで見積りをしたからといって必ず契約しなければいけないということではありませんのでご安心ください。)

インズウェブ自動車保険

保険の窓口インズウェブが行っている一括見積りサービス。
業界最多の最大20社の見積りを比較できます。利用者の9割以上がサービスに満足しているということで比較するのに使い勝手も良いサービスです。なんと無料見積りするだけで全員に500円分のマックカードの特典が付いています!
契約するわけでもなく見積りをもらうだけでプレゼントしてくれるキャンペーンをやっているのでお得ですよね。
富士火災海上保険、あいおいニッセイ同和損害保険、AIU保険、損害保険ジャパン、三井住友海上火災保険といった大手も参加しています。

 

自動車保険特典

 

楽天 自動車保険一括見積もり

 

楽天の自動車保険一括見積りは、大手どころがやっているサービスだけあってサイトの作りも分かりやすくて使いやすいのでおすすめです。入力操作も3分くらいの簡単操作で最大13社から見積もりをもらうことができます。もちろん無料!

こちらの自動車保険の特典は、契約せずとも見積りをするだけで500円分の図書カードやギフト券のプレゼント!

大手インターネット会社の楽天ですから安心して申込むことができます。
比較結果は約1週間ほどで郵送されてきますのでじっくり選んでください。

保険スクエアbang

保険スクエアbangでは、最大17社のからの見積りが一括で比較できます。保険会社の数が多いのでそれだけ選択肢が増えるということ。一括見積りサイトでは最も有名なサイトなので評判も良いです。
またサイト内には各社のデータを比較したコンテンツがとてもよく整備されています。こちらの一括見積りを利用して平均で25,000円も安くなったというデータがあります!
こちらの自動車保険の特典は、契約すれば全員にお米3合をプレゼントしてくれます。
どこにするか迷っているのであれば、保険スクエアbangの一括見積もりを選んでおけば、まず失敗はありません。

 

ズバット自動車保険

ウェブクルーの運営するズバット自動車保険は、最大で21社から一括で保険お見積りを無料で比較することができます。
CMや広告で有名なアクサ損害保険、SBI損保、AIU保険など有名なところもあります。
ロードサービスや事故対応なども比較することができます。

 

 

自動車保険の特典を無料でもらえるので、上記の一括見積りサイトに申し込んでみましょう
複数サイトに見積りをもらえば、たくさん見積りももらえるし、別の一括見積りサイトから2枚もらうことも可能!2枚なら1000円分ですよ

 

自動車保険の保険料は、阻害保険会社によって最大で2倍近い差があるのです。
もし、あなたが各社保険料金を比較せずに、2倍も高い保険料を余分に払ってしまう!
そんなことにならないためにも、各保険会社の料金、サービスを比較して一番安くて特典のある保険会社を選びましょう!

 

自動車保険は、車種、年齢、免許証の色によっても変わってきます。あなたに当てはまる自動車保険かどうかはランキングだけでは当てはまりません。
ネットでの申し込みなので毎年自動車保険の満期を迎える3ヶ月前にメールでお知らせしてくれます。だから、保険が万が一切れてしまって乗ってるなんて危ないことも防ぐことができます。

 

免許証の色や車に乗る条件も毎年変わってきます。そによって保険料が変わってくるので、毎年の見積りをとって最適な自動車保険を選択することができます。

 

実際に申し込んでみました

自動車保険マックカード

楽天自動車保険図書カード

 

実際にインズウェブ自動車保険と楽天自動車保険に申し込んで見ました。

 

マックカードと図書カードが送られてきました。インズウェブ自動車保険ではマックカードが、、楽天自動車保険は図書カードでしたが、こちらはマックカード、図書カード、ハーゲンダッツギフト券から選ぶことができました。

 

申し込んで2週間ほどで特典が送られてきましたよ。

 

無料なのに見積りするだけでもらえるなんてラッキーです。

一括見積りの流れ

【一括見積りの流れ】
1、サイトから一括見積りを行います。
2、保険スクエアBang!から完了メールが届きます。
3、保険会社の比較表が届くので確認できます。
4、保険会社からメールや郵送で見積り結果が届きます。
5、最適な自動車保険が見つかります!

 

保険会社から一切電話が来ないところもあるので、安心ですし、メールでそのまま登録もできる会社もあります。

 

一括見積りサイトを利用して保険料が安くなるというケースも多いのです。最大でも50,000円安くなる方もいるようですから、それだけ年間で変われば家族で旅行などの予算にも使えますよね!

現在の保険会社に乗り換えましたという連絡はしなくてもよいの?

現契約に「自動継続」等の特約があれば、「契約をしない」という意思を表明しない限り、継続されてしまいますのでご確認ください。
保険期間の途中で保険会社を変更するのであれば、今契約している保険会社との契約解約が必要です。

 

申し込んだ後で変な勧誘が来ないの?

自動車保険の見積りで特典がもらえるということで私は、上に紹介した自動車保険の会社全部に申込みをしました。
でも勧誘の電話は一切来ませんでした。
登録したメールにはお得な情報ということでメルマガが送られてきますが、電話で勧誘は一切なかったです。なので自動車保険の勧誘電話を心配しているようでしたらまず大丈夫ですね。

自動車保険の見積り時に必要な書類

見積りをもらうなら以下の書類をお手元に用意してください!

 

自動車保険の見積り時に必要なのは、この3つです。
車検証
免許証
自動車保険の証券

 

↓ブックマークしておけば後から見ることもできます↓

また、見積りするために必要な項目は以下となります。
・免許取得日
・自動車保険の有効期間(加入開始と満期)
・車の車種、型式
・ナンバー
・走行距離
・現在の等級
・現在の契約内容(車両保険はあるか、ないかや各補償の掛け金額)
・事故歴

自動車保険の賢い乗り換え

自動車保険 プレゼント

自動車は都心に住んでいるのなら必要ないのかもしれませんが、やはりあるのと無いのとでは自由度の差が変わります。そんな自動車には必ず保険というものがつきまとうのです。

そこで、今加入している自動車保険に不満や不安がある方は、乗り換えてみるのもひとつの手段だと思います。
まず、乗り換える際は年払いの自動車保険なら更新時期になってから乗り換えましょう。支払った保険料がもったいないですよね。
また、自動車保険の契約をする際に、運転者限定や年齢条件なども見ると割安になることがあります。
自分だけしか運転しない、もしくは自分と妻のみしか運転しないという場合や運転者本人限定、もしくは夫婦限定で保険に加入したり、30歳以上の人しか車を運転しないなら30歳未満不担保などの制限を掛けることで割安で保険に加入することができます。
保険は毎年知らず知らずのうちに家計をひっ迫するので。こういった細かいところから考えて、賢く保険を乗り換えましょう。

自動車保険の見積もりの特典

一年に一回、自動車保険の見積もりのハガキが届くと思います。
自動車保険は自動更新ではないので、期間が満了するたびに自分で更新を行う必要があります。
現在加入している保険会社で問題がない人は、そのまま継続するのもいいでしょう。
しかし今の保険会社が高いのではないかと思っている人は、まず他社の見積もりをしてみるべきです。
他社の見積もりをしてみると、今の金額よりも安く加入できる保険会社が見つかることもあります。
自動車保険の見積もりは、わざわざ代理店に行く必要はありません。
代理店のない保険会社も多くあるので、ネットで見積もりをとるべきでしょう。
ネットでは数社の見積もりを同時にとることができます。
また見積もりをすることで商品券が当たるサイトもあります。
商品券としては、マックカード・ハーゲンダッツのギフト券・図書カード・ジェフグルメカードなどがプレゼントされるのです。
いずれも使える券ばかりですし、見積もりをするだけで当たるのであればありがたいですよね。
ネットの自動車保険会社は代理店よりも金額が安いですし、保険の金額を重視する人はネットで見積もりをとりましょう。
どの会社も対応がいいので、満足のいく保険会社が見つかると思いますよ。

自動車保険の口コミ

クレジットカード

少しでも良い自動車保険を選ぶために、自動車保険の比較検討は欠かせないもの。

料金体系やサービス内容をしっかりと確認し、それが自分にとって高いか、低いか、必要な補償か、不必要な補償か、逐一検討していくのは面倒ではありますが、それによってより自分が納得できる満足のいく自動車保険に加入することが可能になります。
その際、プラスアルファで役に立つのが、自動車保険の口コミです。

 

自動車保険会社の提示する、保険料やサービス内容を見れば、大体のその保険の中身は分かりますが、もっと具体性を伴う細かい部分や、その自動車保険会社の実際の対応などまでは見えてこないもの。その点を、口コミで補ってあげるのです。

 

友人や知人のなかに、知りたい自動車保険に加入している人がいれば、まず一番にどんな様子かを聞いてみましょう。親しい間柄であれば、より本音を聞きやすくなります。

 

また、インターネット上には、自動車保険に関する口コミ情報サイトも多数存在しています。

 

主に対応について、赤裸々な声を見ることができますから、良い参考になるでしょう。

自動車保険の割引制度

自動車を運転するのであれば、いつ怒るともしれない事故に備えて、自動車保険加入は必須。
とはいえ、安いものではありませんから、慎重に調べて、サービスと料金が今の自分にきちんと適したものを選ぶようにしたいものです。その際、もっと自動車保険を安く済ませるために利用したいのが、自動車保険の割引制度です。

 

どんな割引制度があるかは、どこの保険を選ぶかによっても異なってきますが、ここでは自動車保険の割引制度として代表的なものをいくつかご紹介しましょう。

 

ひとつは、エアバッグ装着割引です。

 

現在の車はほとんどがエアバッグ標準装備だと思いますが、車にこれがあるとないとでは、搭乗者傷害と人身傷害補償の保険料が10%も変わってきます。

 

運転席と助手席の両方にエアバッグが装備されていれば、その割引率は15%にもなります。

 

横滑り防止装置の装着割引もあります。
これが装備された車は、保険料が−5%に、ホンダのVSA、トヨタのVSCなどには標準装備されていますね。また、エコカーも保険が割引になります。

 

ハイブリッド、エタノール、電気、天然ガス車いずれもOKです。

 

対人、対物、搭乗者傷害、人身傷害補償、無保険車傷害、車両保険において3%の割引きです。

自動車保険の等級とは

 

自動車保険の等級とは、自動車保険ならではの独特のものになります。
一般的にこれをノンフリート等級と呼んでいます。簡単に言うと、保険加入歴と事故回数を比較して、保険の支払い料金を決めていくというものです。最初は6等級から開始し、無事故で1年過ごせば等級が一つ上がります。その時、料金が割り引かれるという制度です。
但し、等級には上限はあり、20等級までとなっていて、その段階で保険料は6割減となります。自動車保険の等級の意義は、安全運転をすることで、大きな保険料削減になることです。事故を起こすとペナルティが課されるようになっていて、保険事故の際は、翌年の契約時に1事故で3等級ダウンすることになります。

 

自動車保険の等級は、1〜20等級まで設定されていて、それぞれに割増引きが細かく設定されています。

 

また、運転者の年齢によって、段階分けがされていて、30%割増から割増引きなしまで分別されています。事故を起こして保険を使うと、1事故につき3等級下がるだけでなく、保険料がアップするので注意しなければなりません。事故を起こしても、損害額がわずかなら、保険を使わずに自腹を切ったほうが安上がりになるケースがあります。